羊毛フェルトで「森のきのこの家」を作ってみました。

エルサ・ベスコフの絵本「どんぐりぼうやのぼうけん」を読んで、
森の中の小人の暮らしをイメージした「森のきのこの家」を羊毛フェルトで作ってみました。
どんぐりも一緒に作りましたが、ちょっと色合いが。。。たけのこみたいになってしまった。
以前に作ったはりねずみの親子も一緒に、森の仲間たちです

donguri.jpg


北欧スウェーデンの絵本作家 エルサ・ベスコフの描く森の小人たち(妖精)の絵本の世界が好きです。
「もりのこびとたち」は、こびとの子どもたちがお父さんお母さんから生きていくのに必要ないろんなことを
学ぶお話。

画像 142

「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」は、
お母さんの誕生日にブルーベリーをプレゼントしたくて、森に出かけたプッテが、もりの小人たち
ブルーベリーぼうやたち、こけももかあさんと女の子たちに助けてもらい、たくさんのブルーベリーを摘んで、お母さんにプレゼントする話。

画像 143


「ラッセのにわで」は、
庭でボールを追いかけていた小さな男の子ラッセが、不思議な男の子(妖精)と出会い、一緒に庭の妖精たちと遊ぶというお話。
まるすぐりの女の子たち、あかふさすぐりのおじょうさん、りんごふじん、プラムのむすめさん。他にもたくんさんの妖精たちが出てきます。

画像 145

そして、「どんぐりぼうやのぼうけん」は、
どんぐりぼうやのオッケとピレリルが葉っぱの飛行機に乗って飛んでいってしまい、家に戻ってくるまでの冒険のお話。
小人のトロルたちや、はしばみの子どもたち、マロニエの子どもたち、みんな魅力的。

画像 144


ベスコフの描く世界は、古典的だけれど、とても豊かな愛すべき暮らしを描いていると思います。
優しい気持ちにしてくれて、絵本の中の不思議で楽しい世界に一瞬で導いてくれるベスコフの絵が好きです。
森や花そして果実、自然の中の豊かな暮らしは、北欧の世界を垣間見るようです。



[ 2012/01/23 23:19 ] 絵本であそぼう | TB(0) | CM(0)

羊毛フェルトでしろくまの親子を作りました。

以前、羊毛フェルトでマトリョーシカを作ってみましたが、今回は、しろくまの親子です。
しろくまが主人公の絵本はたくさんありますが、イメージは、「しろくまくん、どこへ?」という絵本の子ぐまのラルスとラルスのお父さんです。

画像 098

しろくまくん、どこへ?」は、お父さんと出かけた海で小さな氷の島ごと流されて、お父さんとはぐれてしまったラルスが、流れ着いた島でいろんな動物に出会い、助けてもらう冒険物語です。ラルスは、無事にお父さんの元に帰ることが出来ます。そして、お父さんの知らない動物たちの話をいっぱいお父さんに話すんですよ。ハンス・ド・ピアの作品です。

画像 095


画像 108

羊毛フェルトでしろくまのふわふわした毛の感じが上手く出来たんじゃないかな。
テクノフロートというプラスチックのワイヤーのようなものを骨格に使っていて、手足も動くように出来ました。
さて、次はなにを作ろうかな。

[ 2011/11/29 00:34 ] 絵本であそぼう | TB(0) | CM(2)

しかけ絵本(カード)作り教室に行ってきました。

鎌倉にあるしかけ絵本の専門店「メッゲンドルファー」しかけ絵本作り教室に参加してきました。
用意された色画用紙たちに、紙好きな私は、もうワクワク!

画像 102

店主の方が講師です。
基本的なしかけの説明をしてくださり、切り方、折り方の見本を見せてくださいました。
たくさんの見本のカードを用意してくださっているので、参考にしながら、いざ、作成開始。

簡単そうに見えても、ちょっとした折り方のコツがあったり、切り方を間違えてしまっても、
意外に失敗ではなく、新しい発見があったりと、講師の先生は、とても丁寧に教えてくださり、
一緒にしかけを考えてくれたりもします。

すっかり夢中になってしまいました。
2時間の教室でしたが、何枚も作成する人もいれば、私のようにほとんど1枚だけに専念する人も。
実際に私が作った作品は、こちらです。

IMG_0965.jpg

教室では、最後に他の人の作品を見て周り、鑑賞会。
皆さんの力作に感心してしまいました。

一緒に参加した友人の作品はこちらです。絵も上手くて、すごく凝ってて、カッコイイ!
ミイラが起き上がる仕掛けにもなってるんですよ。

画像 103

参考にさせていただいた見本のカードも素敵です。

画像 115

画像 114

他にもたくさんの見本が用意されていました。

私は、忘れないうちに作ってみなきゃと、家に帰ってからも続きをして、
バースデーカードも作ってみました。

IMG_0958.jpg

まだまだ、基本の作品ですが、もっといろんなしかけカードが作ってみたくなりました。
楽しいですよ。

「メッゲンドルファー」は、たぶん日本で唯一のしかけ絵本の専門店。
大人が楽しめるしかけ絵本も多く、とても素敵なお店です!

IMG_1060.jpg

鎌倉にあるしかけ絵本の店「メッゲンドルファー」




[ 2011/11/03 22:39 ] 絵本であそぼう | TB(0) | CM(0)