「絵本カバーでギフトバッグ作り」ワークショップ報告

レオ・レオニの絵本を使ったワークショップ
「絵本カバーでギフトバッグ作り&お話会」のご報告です。

午前、午後の2回行いましたが、皆さん素敵なバッグが出来上がりましたよ!!

ワークショップの前に、レオ・レオニの絵本を1冊私が選んで読ませていただきました。
この日は「マシューのゆめ(えかきになったねずみのはなし)」を選びました。

本当にやりたいことを見つけたマシュー、知識よりも想像力が大切だということを、
レオニは「ゆめ」という一語で示しています。。。という訳者の谷川俊太郎さんの言葉が
自分が絵本屋をやりたいと思ったときの気持ちに重なるような気がして。。。


そして、ギフトバッグ作りの講師は、
レオ・レオニの絵本をたくさん出版されている好学社の山口さん。
大変お世話になりました。

DSCF4238(ブログ)


DSCF4240(ブログ)


DSCF4237(ブログ)



DSCF4247(ブログ)


この日の絵本カバーは好学社さんがたくさんご用意してくださいました。
出版社さんには、絵本が書店から戻り、表紙を取り替えて改装したときのカバー。
カバーを印刷した時の余りなど、カバーがたくさんあるそうです。
そのカバーの有効利用として、絵本館という出版社が始めたワークショップだそうです。
絵本館のHPにもこのバッグの作り方がありますよ。

ワークショップでは、綺麗に作るコツなども教えてくださいました。
家でも作れるように、カバーやレオ・レオニの絵のコースターも各種お土産にくださり。
皆さんに喜んでいただけて、楽しいワークショップになりました。


DSCF4216(ブログ1)


DSCF4221(ブログ)


ワークショップの後は、店主の手作りスイーツタイム♪
お好きなお飲み物とこの日のスペシャルスイーツは、
フルーツたっぷりのシュークリームにしましたよ。


DSCF4223(ブログ)


DSCF4251(ブログ)


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/26 00:28 ] ワークショップ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する