「海のむこうのふる~い絵本2012」展へ行ってきました。

来週の火曜日26日まで渋谷パルコB1Fにあるロゴスギャラリーで開催中の「海のむこうのふる~い絵本2012」展を見に行ってきました。
DSCF3149.jpg

画像 140

ほとんどの絵本は、日本語に翻訳されていないものだと思います。19世紀から20世紀中ごろのイギリスやアメリカ、チェコ、ロシア、ベトナムなど世界中の絵本が、展示されていました。イラストが素敵なものが多く、コレクションとして置きたいようなヴィンテージ絵本。かなり高価なのですが、一部の絵本を除き、手に取って鑑賞することが出来ました。

面白かったのが、外国の図書館で貸し出しをされていたような絵本。日本と同じように貸し出し袋が貼り付けてあったり、カードがそのまま入っていたり、作者のサインやメッセージ入りの絵本も多数ありました。

不思議の国のアリス、ムーミン、スヌーピーなどのコーナーも。

そして、絵本と一緒にヴィンテージポスターも10数点の展示と、フランスのお菓子の中に入っているフェーブと呼ばれる可愛いミニチュアも多数販売されていました。

画像 139

入り口近くには、1500円均一の絵本ボックスもあり、1冊ずつ見てしまいました。
そして購入したものが、こちらです。
最近亡くなったモーリス・センダックさんが挿絵を描いている絵本「Little Bear」。
宝物も見つけたような気分で、嬉しくなってしまいました。
この絵本は、小さな子供がリーディングに使う本ですが、シリーズになっています。
日本で手に入るのは、たぶんペーパーバック版。こちらはハードカバーです。
子どものクマと優しいお母さんクマとの安心できるストーリー、センダックさんの絵も優しい絵です。

画像 141

ロゴスギャラリーの隣の書店では、洋書のアウトレットがとてもリーズナブルな値段で販売されていて、こちらも夢中になって見てしまいました。
絵本はそれほどなかったのですが、インテリアや料理の絵本は、センスがよくて眺めてるだけでも楽しくて、
うみべのえほんやツバメ号にも置きたいなって思うようなインテリアの本を購入。

ヨットの柄が素敵でしょ!

画像 143

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/24 17:40 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する