スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスマスのお菓子シュトーレンとクッキーを焼きました。

クリスマスの絵本の中には、美味しそうなお菓子がたくさん出てきますね。

クリスマスを待つ準備期間に入るとドイツの人はシュトーレンというお菓子を焼き、
毎日薄く切り分けて食べてクリスマスを待つそうです♪そんなシュトーレンを焼いてみました。


画像 291

粉糖に包まれたシュトーレンの細長い形は、イエスキリストのおくるみをイメージしていると言われています。
後ろの絵本はもちろんホフマンの「クリスマスものがたり」です。

画像 297

本場のドイツのシュトーレンとは、ちょっと違うかもしれませんが、初めて焼いたシュトーレンは、
ラム酒漬けのドライフルーツやナッツ類をたくさん入れて、スパイスはシナモンのみ。美味しく出来ましたよ。
来年は、もっと本格的なマジパン入りのシュトーレンに挑戦してみたいです。

382.jpg

同じヨーロッパでも、ドイツはシュトーレン。イギリスはクリスマスプディング。イタリアはクグロフ。
どれも日持ちがするお菓子ですが、イギリスのクリスマスプディングは、熟成させるほど美味しいと言われていて、クリスマスが終わるとすぐに翌年のクリスマスプディングを作り、保存しておくそうです。
イギリスの絵本「さむがりやのサンタ」では、サンタさんが自分で蒸し焼きして作っていましたよ。

画像 316

食べるときは、ブランデーをかけて火をつけてから頂くそうですよ。
サンタさんの嬉しそうな顔♪

画像 315

アメリカでは、クリスマスツリーのオーナメントにジンジャーマンのクッキーを飾ったりしますね。
クッキーも作ってみました。デザインカプチーノは今練習中です。まだコントラストが上手く出ませんが、
もみの木を描いてみました。美味しそうに見えますか?
明日はクリスマスイブ、みなさん楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

画像 294

我が家のクリスマスは、近くの教会の人たちがクリスマスキャロルを歌いに来てくれるので、マンションのベランダからみんな出てきて、一緒に歌声を聞いて、クリスマスなんだなって実感します♪

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/23 22:54 ] クリスマス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する