1月25日(日)ブックトーク&フリートーク



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/23 20:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)
佐藤さとる
Facebookにアカウントがないのでこちらに書き込みです。児童図書館の受付横の佐藤さとるコーナー、私も気づきました。児童図書館は地元出身のファンタジー作家、佐藤さとる文庫を作るべきです。古い初版本なども蒐集して。金があれば私が安針塚に図書館別館を寄贈したいくらいです(笑)。で、その安針塚に住む者として「わんぱく天国」の初版本は何年か前にようやく手に入れました。私の宝物です。少しずつ彼の著作は集めたいなと思っています。佐藤さとる氏が自叙伝「オウリィと呼ばれたころ」(理論社)を上梓されたのはご存知ですか。私はまだ手にしていませんが、そのうち読んでみたいと思います。ツバメ号でも扱われると良いと思いますよ。
[ 2015/02/12 21:57 ] [ 編集 ]
Re: 佐藤さとる
いつもありがとうございます。
日日新聞の記事によると、逸見小学校や、逸見にあるプロパンガス会社「按針」の2階のコミュニティースペースには、佐藤さとる文庫があるようです。
「按針」には、今度行ってみようと思っています。
「オウリィと呼ばれて」は、気になりながらまだ読んでいません。
ツバメ号にも佐藤さとるさんの作品を増やしていこうと思います。

別の話になりますが、「ダットさん」の原画展を出版社に聞いてみたばかりなのですが、データ入稿のため原画はなく、複製原画での展示となると、費用がかなりかかるということで、原画展はあきらめました。
サイン本をお願いすることにしました。
[ 2015/02/19 08:47 ] [ 編集 ]
按針
こんばんは。
「按針」はそんなことまでやっていましたか。
かみさんがちょっとだけ「按針」で働いたことがあります。
でも知りませんでした。私も今度調査してみます。
横須賀各所に散らばっている蔵書や資料は一カ所に集めたいですね。
アクティブな「按針」さんに提案してみようかな。
こもりさんは確かデジタルで作品を描いていたはずです。
複製原画の展示会がそんなにお金がかかるとは。
でもサイン本は欲しいな。
もし画伯とお会いする機会があればよろしくお伝え下さい。
[ 2015/02/21 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する