絵本「プリンちゃん」のプリンアラモード

今週は、まだまだ残暑が厳しくて、夏バテ気味です。
オーブンを使うスイーツは、暑くって。。。ということで、
可愛い絵本「プリンちゃん」から、次男も好きな美味しいプリンを作ってみることにしました。
プリンなら蒸し焼きにする時間も短いので、手軽に出来ますよ。

まずは、絵本の紹介です。

可愛い絵本「プリンちゃん」は、昨年9月に出版された絵本です。

purin200.jpg

作者のなかがわちひろさんは、
「小さな女の子ってたまごいろでいいにおいのするプリンみたい。長年あたためてきた、おしゃまでかわいいプリンちゃんをたかおかゆうこさん(絵)と一緒に絵本にしました。」と書いています。

そんなプリンちゃん、着せ替えごっこをするように、ドレスを選んだり、髪飾りを選んだり、おしゃれをしたら、
プリンアラモード姫になりました。そのままお出かけしたのはいいのですが。。。

おてんばなプリンちゃんは、虫を追いかけて草むらに入ったり、池に入って行ったり、かえるの真似して飛び跳ねたり、あらあら、プリンちゃん、飾りはみんな取れて、もとどおりになっちゃいましたが、それでもごきげん、とっても元気なんですよ。可愛い絵本です。小さな女の子は大好きだと思いますよ。

絵本の裏表紙には、なかがわちひろさん作の「プリンちゃんのうた」まであります。
歌ってみると、「い~つのまにやら もとどおり」が低音で怪しげな感じで、アクセントになってます。
絵本を読んだら、歌ってみると楽しいですね♪

画像 525


そして、美味しいプリンを作ってみました。

DSCF3256.jpg

絵本の中のように、プリンアラモードのお姫さまにもしてみました。

hime,jpg


purin1.jpg

美味しいプリンのレシピは、HPの中の絵本の中の美味しいレシピで公開しています。

好きなフルーツで飾って、自分だけのプリンアラモードを作ってみると、楽しいですよ。
子どももきっと喜んで、一緒にデコレーションしてくれるでしょうね。
親子で楽しんでみてください。
スポンサーサイト

「フェリクス・ホフマン絵本原画展~父からの贈りもの」に行ってきました。

夏休み中の8月17日、品川で友達に会った帰り、時間があったので、
少し足を伸ばして銀座教文館で開催中の「フェリクス・ホフマン絵本原画展」へ行ってきました。
とっても素敵な原画展でしたよ。

画像 528

画像 529

方向音痴の私は、銀座までの電車をちょっと間違えたりしましたが、無事、教文館に到着。
エレベーターに乗って)9Fのホールへ。ワクワクww

IMG_3650.jpg

入場券を購入しようとしたら、なんと、グリム童話割引なんていうのがありました。
赤ずきんちゃんになって、(スカーフなど赤いものがあればなんでもいいそうです。)
「赤ずきんです」って受付で言えば、半額になるんですって。面白いですね。
知らなかったので用意してなかった、残念。。。

フェリクス・ホフマンは、スイス生まれです。(1911~1975)
絵本作家としてだけでなく、壁画やステンドグラスなどの作品もたくさん残しています。
この原画展では、ホフマンがわが子や孫のために愛情こめて描き、贈った手作り絵本が展示されています。
世界中で読まれているホフマンの絵本のほとんどは、世界に一つの手作り絵本が、後に石版画による美しい絵本として出版されたものなんです。

日本で出版された主な絵本は、「ねむりひめ」「おおかみと七ひきのこやぎ」「ながいかみのラプンツェル」「七わのからす」「クリスマスものがたり」「しあわせハンス」。。。などがあります。

原画展のタイトル「父から子への贈り物」のとおりに、ホフマンの4人の子や孫がホフマンから絵本を贈られたときのエピソードとともに、原画が展示されています。
ホフマンの愛情があふれていて、この絵本は全て、一人ずつの子どもたちのために描かれた個人的なものだったんだなって、わかります。グリム童話の原型から少しずれているのも、あくまで父として贈りたい子の喜ぶ姿を想いながら作った個人的なものだったからなんです。

ホフマンが最初に作った絵本は、三女スザンヌに贈った「おおかみと七ひきのこやぎ」でした。
当時2歳のスザンヌが百日咳にかかり、生まれたばかりの弟や姉たちにも会えず、ひとりで過ごさなければならないスザンヌをなぐさめるために、この物語の絵を毎日1枚か2枚ずつ描き、続きを読んで聞かせたのだそうです。そして、絵本の中のこやぎの家は、ホフマン一家が夏休みを過ごした農家の居間が描かれていて、お話の最後の場面、こやぎたちが並んでベッドに寝ていて、お母さんに見守られているところは、スザンヌが望んでいたシーンを描いたそうです。

展示会場には、写真撮影用にこんな「こやぎの家」も再現されていましたよ。
出版されている絵本を読めるコーナーもあります。

IMG_3653.jpg

IMG_3654.jpg


他の絵本にも、一冊ずつ、一人ずつのこどもや孫に贈った手作り絵本のエピソードがいっぱいで、
胸が熱くなり、ウルウルしてしまうほどでした。

そして、ホフマンは絵本を子どもに読むときに、子どもが座る床に自分が下りるのではなく、
膝に抱き上げて読んであげたそうです。それは、絵にも現われていて、妥協せず美しさを追求した絵は、子どものレベルに下げるのではなく、子どもの力を引き上げてあげるという姿勢だったのだと想い、また感動を覚えました。

そんなエピソードも絵もいっぱい詰め込まれた図録は、長野の小さな絵本美術館の発行です。
この美術館にも行ってみたいな。

画像 510

ホフマンが子どもたちに送った絵手紙などもあります。
言葉も絵も、愛情がいっぱい。絵手紙なのに絵本のようです。

画像 517

ホフマンが描いたステンドグラスや壁画は、スイス、アーラウの街にたくさん残っているそうです。
どれも絵に温かみがあります。

IMG_3659.jpg

今まで出版されていなかったホフマンの「赤ずきんちゃん」、孫のスザンヌに贈ったものだそうです。
こちらは最近、福音館書店で初めて出版されましたよ。
画像 512

その原画も見られるホフマン展は、明日(8/26)までです。
父の愛情をストレートに表したホフマンの手描きの絵本は、胸が熱くなる感動がいっぱいでした。
[ 2012/08/23 01:33 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

夏休みの終わりは、横須賀絵本さんぽ

絵本屋準備をしながら、まだ会社勤めをしている私は、連休の夏休みも今日で終わり。
連休前半は、名古屋にも帰省し、懐かしい友とたくさん会い、絵本屋めぐり、
島田ゆかさんの絵本原画展も見てきました。

名古屋から戻った連休後半は、銀座ナルニア国で開催中のフェリックス・ホフマン絵本原画展へ行ったり、
HPの更新作業。そして、昨日行ってきた絵本さんぽは、地元横須賀です。

京急の県立大学駅から近い国道16号線沿いにある素敵なカフェ「neirocafe」さんへ

画像 485

こちらへは夜cafeも営業しているので会社の帰りに今まで2回行ったことがあります。
今日が3回目ですが、昼間に行くのは今回初めて。こちらに素敵な絵本があるんですよ。

画像 494

DSCF3529.jpg


日本の夏!って感じの懐かしいイラストですが、効果的に使われている赤がとても印象的です。
日本人の絵本作家、山本久美子さんの絵本、「マルをさがして」
男の子がいなくなった犬のマルを探して台風が来ている街を歩き回るお話です。
結末はほっとする温かいストーリーも好きです。

日本では販売していないこの絵本、フランスの出版社から出版されたものです。
2003年にイタリアボローニャ国際絵本原画展で入選した山本さんの作品を観たフランスの出版社
Lirabelleからオファーがあり出版されて、フランスで販売されているものだそうです。

初めてこのneirocafeに入ったときにこの絵が飾ってあるのを発見。
とても気になっていました。

マルをさがして

2回目に行ったときにこの絵が絵本の原画だと知り、
そして、今日はその絵本をcafeで販売しているのをtwitterで知り、購入しにneiroocafeへ。
絵本さんぽです。

もちろん、お料理もパンもコーヒーも美味しいこのお店で、ランチを頂き、他の本も楽しんで、
お店の方のともお話できて、山本久美子さんが、お店の方と親戚だとわかりました。
他のリトグラフも見せて頂いたり、今製作中の絵本のイラストも見せて頂き、
ますます好きになった絵本作家さんです。

手に入れた絵本を持って、今度は絵本屋開業のための物件探しにでかけました。

画像 489
商店街のゴーヤのカーテン涼しげです!

下町の雰囲気が残る商店街(上町商店街)この辺りは、古いお店と新しい感覚のお店が混ざり合っていて、
レトロの雰囲気を残した作りのお店が多いのも特徴です。
古書店や古道具屋さん、ギャラリーなどもあります。
でも、今はお盆休み、シャッターが閉まったお店が多く、また出直しかなって思いましたが。。。

気になっていたお店を発見、お気に入りの店探しになってしまいました。

画像 487
鰹節屋さん、店主のこだわりの鰹節、お話を聞いてると、使いたくなります。
美味しいだしを取ると、なぜか私は茶碗蒸しを作りたくなります。
美味しそうな鯖節と鰹節。

画像 492

この後、やっと営業している不動産屋さんを見つけて、
店舗物件の相談を。
「物件数は結構あるから、ゆっくり探せばきっと希望の物件見つかりますよ」との温かい言葉に励まされて、
何軒かの候補の図面を見せてもらい、店を後に。

途中、貸し店舗の看板の出ている何軒かの店を写真撮影。
そして、今日の物件探しは終了。
物件を持っている不動産屋さんは、お盆休み中なんです^^;

そしてもう少し足を伸ばして、気になっていたコーヒー豆の販売店「宍戸珈琲さん」へ
今年2月にオープンしたばかりの宍戸珈琲さん、
新鮮なスペシャルティコーヒー豆を自家焙煎して販売しています。

画像 490

店頭で豆のお話を聞きながら、コーヒー教室になってしまうくらいです。
こちらが聞くと、豆のことから、美味しい淹れ方、器材のことまで何でも丁寧に教えてくれます。
調子に乗ってアイスコーヒーを淹れて頂きレクチャーしてもらいました。
業務用の卸しもされているので、私がお店を持てたらお世話になりたいと、お願いをしてきました。
今までも、コーヒーの勉強をしにいろいろ行きましたが、一番わかりやすく教えてもらえました。
いいお店発見!

画像 493

横須賀絵本さんぽとお気に入りのお店探しの散歩は、今日はこのくらいで終了ですが、
まだまだ紹介したいお店あるんですよ。
またの機会にね(^.^)
[ 2012/08/19 16:40 ] 絵本とさんぽ | TB(0) | CM(0)