イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

梅雨が明けて、学校は夏休みに入りましたね。毎日真夏日が続き、ちょっとバテ気味です。
みなさん、熱中症には気をつけて、ミネラルの多い飲み物やナトリウムの入った飲み物を飲んで、体調の変化を感じたら、体を冷やして休んでくださいね。

DSCF3276.jpg


まだ、これほど暑くない7月の始めに、板橋区立美術館で開催中の2012イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に行ってきました。

画像 237

画像 235

入り口の自動扉にもこんなイラストが、入る前からワクワクしてしまいますね。

画像 238

そして、自動扉を入ると2階が展示室です。2階への階段にも入選作品の1点ロベルト・ダヴィッド(イタリア)「ディルダの散歩」が描かれていました。もっとワクワクしてきました。

画像 240


ボローニャ国際原画展は、毎年イタリアのボローニャで開催されている世界最大規模の絵本原画コンクールです。
2012年は、世界60ヶ国2685人からの応募があり、その中から日本人を含む19ヶ国72人が入選となり、
その全入選作品が、この板橋区立美術館で見ることが出来ました。

1976年に始まったというこのコンクールは、子どもの本のために描かれた作品(5枚1組)であれば、誰でも応募することが出来るので、新人イラストレーターの登竜門としても知られています。

5枚1組のイラストは、それぞれストーリーがあるので、翻訳や説明も一緒に観ながらストーリーを理解して楽しむには、72作品はとても見応えたっぷりで、気づいたら4時間も美術館にいました。
素晴らしい作品ばかりでしたよ。


入選作品のポストカードが販売されていたので、気に入った作品を数枚購入してきました。

DSCF3277.jpg

DSCF3278.jpg

ただ、ポストカードはなかったのですが、とても気に入った作品がありました。
工藤あゆみさんというイラストレーターの作品です。イタリアで創作活動をされているそうです。
不思議な動物のイラストと共に、添えられた文章が、とてもセンスが良くて共感できる言葉ばかりで、
夢中になって観てしまいました。今回の入選作品とは違いますが、工藤あゆみさんのHPで作品を少し観る事ができますよ。個展があったら、行きたいです。

20110504_0269.jpg

ボローニャでの実際の原画展の様子のレポートがあるHPを見つけました。このレポートを見ると、いつか行ってみたくなります。
「絵本のチカラ」絵本の魅力と可能性を探る研究所という素敵な活動をしているサイトです。


板橋区立美術館でのボローニャ国際絵本原画展は、8月12日まで開催の開催です。
興味のある方は是非行ってみて下さいね。今、絵本作家として活躍している方もこのコンクールを登竜門として、入選を機にデビューした方も多いんですよ。

日本での巡回はこちらです。

板橋区立美術館 2012年6月30日~8月12日

西宮市大谷記念美術館 (兵庫県西宮市)2012年8月18日~9月23日

四日市市立博物館 (三重県四日市市)2012年9月29日~11月4日

石川県七尾美術館 (石川県七尾市)2012年11月9日~12月16日

長島美術館 (鹿児島県鹿児島市)2012年12月22日~2013年1月27日
スポンサーサイト
[ 2012/07/29 22:15 ] 展示会 | TB(0) | CM(2)

三崎で「光る泥だんご作り」してきました。

dorodango.jpg

7月22日、三崎でイベントがありました。「まちごとカルチャー@三崎」略してまちかるの日だそうです。
ちょうど、どろだんごという絵本をみつけて、ツバメ号のお店に本を追加しようと思っていたら、
タイミングよく「光る泥だんご作り」というワークショップがあると知り出かけていきました。
こちらが私の作品です。ブルーと黄色の色を使いました。綺麗に出来上がり大満足です。

泥だんごの中身は土です。漆喰を塗ってあります。(写真右は、中身の見本です。左は完成見本です。)

DSCF3224.jpg


左官屋さん左菊の鈴木さんが先生です。見本を作ってみせてくれています。
泥だんごに漆喰を塗ったボールに、鉱物性の顔料で色を付けていきます。フイルムケースの口を使って
くるくる回して塗ります。

DSCF3218.jpg


その後、少し乾かしてから、もう一回色を塗り重ねます。
その時に同じ色を使ってもいいし、別の色を使えばマーブル状に仕上がります。

重ね塗りをしてから、もう一度少し乾かして、今度はガラスの瓶の口を使って摩擦でみがきます。
最初は優しく磨きます。キュキュと音がしてきたら、少し強く磨きます。すると、ツヤツヤピカピカに光ってきました。完成まで20分くらい磨きます。

DSCF3220.jpg

こちらは、色の見本です。一色を重ね塗りしたもの。

DSCF3222.jpg

別の色を重ね塗りしたもの。どれも綺麗です!

DSCF3223.jpg

この光る泥だんご作り、今回は大人のためのワークショップでしたが、
8月には子どもたちや家族対象のワークショップもあるそうです。
詳しくは、こちらを見てくださいね。→光るどろだんご倶楽部

そして、絵本はこちらですよ。HPの方で見てくださいね。→「どろだんご
dorodango200.jpg
[ 2012/07/22 23:54 ] 三浦半島のいろいろ | TB(0) | CM(0)

辻堂へ絵本さんぽ

先週末、友人と辻堂に新しく出来た湘南テラスモールへ行ってきました。
辻堂の駅から直結しているテラスモール、一度は行ってみたかったんです。

テラスモールには、先日行った西武ドーム「国際バラとガーデニングショー」でも人気だったキャス・キッドソンのお店が入っています。こちらは、カフェも併設されています。キャスカフェです。イギリス式の紅茶とスコーンを頂きました。ジンジャーとレーズンのスコーンです。大きくてボリュームがありました。

画像 147

雑貨やファブリックのお店の方で、ヨット柄のマグカップ購入。
うみべのえほんやツバメ号は、イギリスの作家アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」に出てくるヨットを店名に使用しているので、同じイギリスのデザイナーの描くヨット柄が、イメージにピッタリ!

画像


他にも別の雑貨屋さんでこんなヨットのインテリアを購入。実店舗を持ったときに使えそうなものを見つけると集めてしまいます。

画像 182


そして絵本さんぽです。友人に付き合ってもらってテラスモールから歩いて10分ほどの、絵本の置いてあるカフェ、「tinyzoo」さんに行って来ました。
こちらでは、遅めのランチを頂いて、絵本を読んで、とっても楽しい時間を過ごしてきましたよ。
ちっちゃな動物園という名前のカフェ「tinyzoo」さんは、絵本の世界に迷い込んだような、木のぬくもりのある可愛いお店です。入り口の外壁にある木を貼り付けたロゴの中には、たくさんの動物たちのシルエットが隠れています。

画像 150

店内の写真を撮影させてもらうのも忘れて、絵本を読んだり、おしゃべりしていたので、
tinyzooさんのHPの写真から店内を紹介させて頂きますね。
tinyzooさんのHPはこちらです。→「cafe tinyzoo

img1B20110723225129.jpg

入り口を入った所です。
入り口の床のタイルも店主ご自身で貼ったそうですよ。

後で内装のことも聞いたら、天井や壁の珪藻土も自分で塗られたんだそうです。
とってもいい感じでした。

img3B20120525224230.jpg

店内には絵本もいっぱい。絵本の販売はしていないのですが、絵本を読みながら食事やお茶が出来るんですよ。
セレクトされた絵本もセンスが良くて、表紙を見せて置いている絵本は、一週間おきにチェンジしているそうです。
季節ごとに、絵本の読み聞かせのイベントも行なっているそうです。


img4B20120525224230.jpg

ワンちゃんも一緒に食事出来るテラスもあります。いいですねぇ。

v28qj.jpg

看板犬のララちゃんとモモちゃんがテラスでお迎えしてくれます。
とっても可愛い!!こちらの写真は、先月ララちゃんが6歳のお誕生日に自家製ケーキでお祝いしている写真です。
ワンちゃんメニューもありましたよ。

お店のメニューは、手作りの美味しいものがいっぱい。
フレンチプレスで淹れてくれるスペシャルコーヒーはとても美味しかったです。
ランチにも出てくる自家製のピクルスも彩りが綺麗でサラダ感覚で食べられてとっても美味しい!
持ち帰り用の販売もあったので、瓶詰めにしてもらいテイクアウトしましたよ。

画像 151


それからね、お店にあった絵本の中に、一緒に行った友人の娘さんがお気に入りの絵本がありました。
きょうはなんのひ」(福音館書店)
私は読んだことがない絵本だったので、いい絵本を教えてもらいました!!

4-8340-0752-9.jpg

この絵本には、いろんなサプライズが隠されていて、とっても幸せな気持ちになります。
瀬田貞二さんの素敵なストーリーのある文章と林明子さんの親しみのある絵は、まるで自分の家や家族のことのように共感できる絵本です。

私がtinyzooさんを知ったのは、twitterからだったのですが、初めてお店に行き、まだ、開業して1年半、女性の店主が一人で切り盛りしているお店としても、絵本を置いているカフェとしても、参考にさせて頂くことが多く、開業前の準備や、開業後のことなども親切にいろんなアドバイスを頂けて、とっても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

辻堂の絵本さんぽは、また何度でも行きたいさんぽになりました。
[ 2012/07/01 22:04 ] 絵本とさんぽ | TB(0) | CM(0)