夏みかんで思い出すお話「白いぼうし」と夏みかんでマーマレード作り

小学校の教科書に載っていたお話、あまんきみこさん作の「白いぼうし
夏みかんを見ると思い出す、大好きなお話です。

私が小学生のときにも、そして今大学生の息子たちが、小学4年生のときにも教科書にありました。

shizuka-kokugo-7.jpg

こんな文章で始まります。

「これはレモンのにおいですか?」
ほりばたでのせたお客のしんしが話しかけました。
「いいえ、夏みかんですよ。」

覚えている人も多いんじゃないかな。
タクシーの運転手の松井さんが、男の子がつかまえていた、ぼうしの中のちょうちょをそうとは知らず逃がしてしまい、がっかりさせないようにって、ちょうちょの代わりに夏みかんをぼうしの中に置いていくというお話です。

画像 177

夏みかんの香りとともに思い出すお話です。
子供の授業参観では、このお話の授業で、先生が子供たちに夏みかんを配りました。
そのすっぱい夏みかんの一房を長男がニコニコ笑って私のところまで持ってきて分けてくれたのがいい思い出になっています。

そんな夏みかんを5月の始めに頂きました。
近所の家の庭の木になった夏みかん、もちろん無農薬なので安心です。
マーマレードを作ってみました。

参考にしたレシピが、こちらです。→  簡単料理の簡単レシピ♪佐藤家の食卓

へた以外は捨てるところのない、エコで簡単で美味しいレシピのおかげで、
美味しいマーマレードがたくさん出来ました。

画像 180

夏みかん5個でマーマレードが瓶に8本も!!
ちょうど、葉山ブランドの夏みかんワインや夏みかんサイダーを頂いたので、もうホントに夏みかんづくしです。

御用邸のある葉山では、現天皇陛下が御成婚のときに、記念に夏みかんの苗木が配られたので、夏みかんの木がたくさんあるんだそうですよ。

画像 181

マーマレードでこんなスイーツも作ってみましたよ。
マーマレードシフォンケーキです。

IMG_3134.jpg

こちらは、マーマレード入りのフローズンヨーグルト、これからの季節さわやかで美味しいです。
チョコチップも入れてみましたよ。食感に変化があり、いい感じです。

IMG_3145.jpg

簡単で美味しいフローズンヨーグルトの作り方は、

【材料】
プレーンヨーグルト 450g
生クリーム 200cc
マーマレード 100g
練乳 20g

【作り方】
①プレーンヨーグルトをキッチンペーパーを敷いたざるにあけて、一晩水切りしておきます。
②生クリームとマーマレードを合わせて、ホイップする。
③6~7分立てになったら練乳も加えてさらにホイップ、7分立てになったら水きりヨーグルトを加えてよく混ぜる。
④バットなどに入れて、ラップかふたをして、冷凍庫に入れて固まったら出来上がり。

IMG_3124.jpg


ヨーグルトを水切りしたあとの水分(ホエー)は栄養たっぷりなので、捨てないで使ってくださいね。
そのまま飲んでもさっぱりしてるし、パンを作るときの仕込み水にするとパンが美味しく焼けるそうです。
参考にしたのは、クックパッドのこちらのレシピです。↓

Cpicon マーマレード☆フローズンヨーグルトアイス by れっさーぱんだ

こんなにたくさん作ったマーマレードですが、おすそ分けしたり、スイーツに使っていたら、もう無くなりそうです。
夏みかんの時期は過ぎているので、今週、日向夏でも作ってみました。
夏みかんよりも酸味が少ない果肉なので、レモン果汁を加えてみました。

画像 157


画像 176

さぁ、今度はこのマーマレードで何を作ってみようかな。
スポンサーサイト
[ 2012/06/28 00:48 ] 絵本の思い出 | TB(0) | CM(0)

「海のむこうのふる~い絵本2012」展へ行ってきました。

来週の火曜日26日まで渋谷パルコB1Fにあるロゴスギャラリーで開催中の「海のむこうのふる~い絵本2012」展を見に行ってきました。
DSCF3149.jpg

画像 140

ほとんどの絵本は、日本語に翻訳されていないものだと思います。19世紀から20世紀中ごろのイギリスやアメリカ、チェコ、ロシア、ベトナムなど世界中の絵本が、展示されていました。イラストが素敵なものが多く、コレクションとして置きたいようなヴィンテージ絵本。かなり高価なのですが、一部の絵本を除き、手に取って鑑賞することが出来ました。

面白かったのが、外国の図書館で貸し出しをされていたような絵本。日本と同じように貸し出し袋が貼り付けてあったり、カードがそのまま入っていたり、作者のサインやメッセージ入りの絵本も多数ありました。

不思議の国のアリス、ムーミン、スヌーピーなどのコーナーも。

そして、絵本と一緒にヴィンテージポスターも10数点の展示と、フランスのお菓子の中に入っているフェーブと呼ばれる可愛いミニチュアも多数販売されていました。

画像 139

入り口近くには、1500円均一の絵本ボックスもあり、1冊ずつ見てしまいました。
そして購入したものが、こちらです。
最近亡くなったモーリス・センダックさんが挿絵を描いている絵本「Little Bear」。
宝物も見つけたような気分で、嬉しくなってしまいました。
この絵本は、小さな子供がリーディングに使う本ですが、シリーズになっています。
日本で手に入るのは、たぶんペーパーバック版。こちらはハードカバーです。
子どものクマと優しいお母さんクマとの安心できるストーリー、センダックさんの絵も優しい絵です。

画像 141

ロゴスギャラリーの隣の書店では、洋書のアウトレットがとてもリーズナブルな値段で販売されていて、こちらも夢中になって見てしまいました。
絵本はそれほどなかったのですが、インテリアや料理の絵本は、センスがよくて眺めてるだけでも楽しくて、
うみべのえほんやツバメ号にも置きたいなって思うようなインテリアの本を購入。

ヨットの柄が素敵でしょ!

画像 143

[ 2012/06/24 17:40 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

横浜での絵本イベントへ行ってきましたよ。【手づくり絵本展】

先日の「絵本の中のイタリア」の後に訪れたのは、元町商店街から坂を登ったところにある西洋館の一つ、ブラフ18番館。
こちらで開催されていたのは、「手作り絵本展」

Twitterでフォローしてくださってる方から、情報をもらい行くことが出来ました。
ホントに助かります。感謝です!

DSCF3140.jpg

IMG_2977.jpg


神奈川の手作り絵本サークルが合同での作品の展示会です。
地元、横須賀のサークルの作品もありました。横須賀の児童図書館での展示を見逃していたので、こちらで作品を見ることが出来てよかった。
作品は力作揃いで、素晴らしい絵本ばかりでした。
椅子に座って、一冊ずつ、手に取り楽しむことが出来て、ゆったりとした時間が過ごせました。

絵本はどれも、世界に一つのオリジナル絵本。装丁も素晴らしくて、家族や愛犬などをテーマにしたものが多くひとつひとつが宝物のように見えました。亡くなった愛犬に向けてのメッセージを描いた絵本は、愛があふれていて、泣きそうになってしまったくらいです。

私は、絵本を自分で作ったことはないのですが、高校時代の同級生が家族や愛犬をテーマにした手作り絵本を参考にってしばらく貸してくれたことがあります。その絵本の話は、また今度したいと思っています。

ブラフ18番館の離れのようなガラス張りの展示室は、庭の緑に囲まれた閑静な場所、絵本を見てゆっくり楽しむと共に、時間が止まったような素敵な時間が過ごせる場所でしたよ。

IMG_2985.jpg

IMG_3010.jpg

ブラフ18番館は、こんな素敵な洋館です。

IMG_3012.jpg

綺麗な白とブルーの花をつけたニオイバンマツリの花が、ジャスミンのような芳香を放っていました。
この花は、咲き始めはブルー、そのあと白に変化する花だそうです。

IMG_2983.jpg

高台に位置しているので、庭からは、ベイブリッジも眺められます。

IMG_3013.jpg

もちろん、洋館の中の内装も素晴らしいんですよ。神奈川に住んでいて訪れるのは初めてだったので、とても素敵な散歩になりました。
薔薇の季節でもあったので、そちらも観賞しながら、おとなりの西洋館、外交官の家にも行ってみましたよ。こちらも素敵です。薔薇と西洋館は良く似合いますね。

IMG_2990.jpg

IMG_3002.jpg

この手作り絵本展は、28回目だそうです。
また来年も訪れたい、素敵な展示会でした。
[ 2012/06/16 23:54 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)