「ばばばあちゃんのよもぎだんご」を作りましたよ!

自分の小さい頃は、春になると、川原でよもぎやつくしを摘んで母と草もちを作ったり、
つくしのはかま取りを手伝って、つくしの卵とじを作ってもらうのが楽しみでした。
うちの子供たちも、小さな頃は、おばあちゃんが作る草もちが大好きでした。

私の大好きな絵本「ばばばあちゃん」シリーズ(福音館書店)のなかでも、
「よもぎだんご」は、母を思い出す懐かしい絵本です。

   DSCF3074.jpg

昨年は、摘んだばかりのよもぎの若葉を頂いたので、よもぎを茹でから、刻んで、
すり鉢ですりつぶして、よもぎだんごを作りました。

   スイーツ 007

今年は、乾燥のよもぎ粉を手に入れたので、そちらを水で戻して使いました。
蒸し器で蒸す方法ではなくて、レンジを使う作り方でやってみましたが、
すごく柔らかく美味しく出来ました。きな粉を周りにつけないと、手にくっついちゃうほど、柔らかいんです。
そして、一日経っても柔らかいまま。もう、これからは、この作り方です。
中身の粒あんは、圧力鍋で小豆を煮て作りました。自分で作ると甘さが加減出来ていいですよ。

   画像 089

半分に切るとこんな感じに粒あんが入っています。もう少しあんこ多目でもよかったかも。

   画像 091

作り方は、こちらです。クックパッドのゆきらいんさんのレシピを参考にしました。

   Cpicon 草もち by ゆきらいん

よもぎだんご (10個分)

(材料)上新粉 100g
     白玉粉 100g
     よもぎ粉 8g
     粒あん 250g
     水  290cc
     きな粉 適量

(作り方)
   ①よもぎ粉は水で戻して固くしぼっておく。
   ②耐熱容器に上新粉、白玉粉、水、よもぎを入れてよく混ぜる。

   画像 085
   
   ③ラップをかけてレンジで3分半加熱、一度取り出してからかき混ぜて、
    さらに2分半加熱して取り出し、ゴムベラで生地がなめらかになるまでしっかりと練る。

   画像 088

   ④粒あんは、25gずつに丸めておく。(10個)
   ⑤生地もボールから取り出して、かまぼこ状にしてまな板などに置き、10等分に切る。
   ⑥生地を手の平の上で丸く伸ばしてあんこを包む。底をしっかり閉じたら、
    きな粉をまぶして出来上がり。

お試しくださいね。美味しいですよ。
そして、絵本「ばばばあちゃんのよもぎだんご」もぜひ読んでみてくださいね。
きっと、作ってみたくなりますよ。
スポンサーサイト

孔雀サボテンの花が咲きました!

昨年の今頃購入して、楽しみに育てていた孔雀サボテンが、
初めて今年咲きました!

画像 079

薄いピンク色が、ドレスのように綺麗な、「シンデレラ」という孔雀サボテンです。
以前月下美人を育てていたことがありますが、月下美人も孔雀サボテンの一種だそうです。

でも、月下美人との違いは多いんですよ。
まず、月下美人のような芳香はまったくありません。
そいて、一晩でしぼんでしまうこともなくて、昨日開いた花も、まだ咲いてくれています。

そして、一番の違いは、月下美人は夜開く花ですが、孔雀サボテンは昼間咲きます。
色も、月下美人は、白のみですが、孔雀サボテンは、たくさんの色の花があります。
どちら大きくて美しい花です。

また、月下美人も育ててみたいと思っています。
月下美人の花の開くときの強い香りは、なんとも言えず甘美で妖艶だったような記憶があります。

↓ こちらは、かなり前19年前にうちで育てていた月下美人の花です。
  
画像 077


昨年購入したときは、小さな株の孔雀サボテンでしたが、大きく育ってくれて一度植え替えをしたら、
ますます大きくなりました。花が終わったら、また一回り大きな鉢に植え替えしようと思っています。
そしたら、来年はもっとたくさんの花を見せてくれるでしょうか。
楽しみです♪
[ 2012/05/25 00:04 ] 花とガーデニング | TB(0) | CM(0)

国際バラとガーデニングショウに行ってきました。

絵本の中に出てくるような素敵な庭を見たくて、
西武ドームで5月12日~5月20日の今日まで開催されていた
「国際バラとガーデニングショウ」に行ってきました。
私が行ったのは5月13日、母の日に自分へのプレゼントにもなったかな。
とっても素敵な庭とバラの香りに、うっとりと癒されてきましたよ。

画像 113

イングリッシュガーデンは、まるでピーターラビットが出てきそうです。

画像 149

画像 151


DSCF3045.jpg

ガーデンコンテストでは、こんな庭も、ドアのところにいるのは、クマかな?

画像 254

きのこの家とピザを焼ける石焼釜のあるお庭は、絵本の中に出てきそうでしょ。

画像 208

子供たちが楽しく自然観察出来るお庭。「かたつむりかんさつちゅう」だそうですよ。

画像 191

アトリエのあるお庭、いいなぁ。素敵な花が描けそう。

DSCF3026.jpg

高校生のガーデニング部の作品、「彼女の行きつけ」というタイトルです。学生かばんが懐かしくって。。。

DSCF3023.jpg


そして、今回のシンボルガーデンは、「キャス・キッドソンの秘密の庭」
大変な人気で、お庭に入るまでに40分も並びましたが、キャスのエッセンスが詰まった
庭に繋がるお部屋が可愛くてラブリー。

画像 139


画像 124

ドーム球場の外にも、素敵なガーデンやお店がいっぱいで、とても楽しんで帰ってきました。
また、来年が楽しみです。

私のお店作りのためのセンスアップにも、つなげたいと思っています。
こんな素敵なハンギングが飾れるようなお店に出来るかな。
頑張ります!

画像 158


[ 2012/05/20 22:23 ] 花とガーデニング | TB(0) | CM(0)